めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

老舗は常に新しく、、その3

  • 2015年1月30日
  • テーマ:

2015年 1月30日です。少し寒い日ですね。

今日は門司港店にいます。フォーマルフェアが開催されているからです。

image

image

 

例年ですと この時期は門司港店で 真珠フェアを行うねですが、

真珠だけだと少しマンネリかなあ、、と考えて フォーマルフェアにしました。

もちろん、真珠も揃えていますし、他のジュエリーも揃えています。

image

image

 

先週から、老舗は常に新しく、、を テーマにブログを書いていますが、

新しく、、は 商品は当然として、企画も、販売方法も そうでなくては

いけません。今回もそうですが、2月の企画も 従来の企画からさらに

新しさを加えて立案中です。

そのためには 「 ヨシダらしく、新しく、お客様から見て好感度があるか」の

最後の、お客様から見た好感度を肌で感じるために トップ自らが現場に立つことが

大切な様に思います。 だから現場を大切にするのかもしれません。

明日まで2日間ですが、頑張ります。

林芙美子ピアノコンサート


2015年 1月28日です。 昨日は門司港レトロの三井倶楽部で ピアノコンサートを

させて頂きました。

CIMG0017

2月末に 三井倶楽部2階の林芙美子資料室が2倍の大きさになって

リニューアルし、かつ 林芙美子文学賞が設けられるので、そのプレイベントです。

現在、私は林芙美子資料保存会の会長をさせて頂いておりますので、

主催 兼 司会です。 福岡から藤岡睦子先生をお招きして

「 林芙美子が愛した歌 」 を 芙美子の生涯と組み合わせながら音楽構成を

致しました。

CIMG0018

「 芙美子抄 」「 君恋し 」から始まって 芙美子のパリ時代を偲んで

「 枯葉 」 「 パリの樹の下で」 「 パリの空の下で 」

そして 芙美子の生き方から 「 愛の賛歌 」「 マイウエイ」 を

戦後の執筆時に流れていた 「 東京ブギウギ 」

最後に 芙美子が最も好きだったという 「 旅愁 」を演奏して頂き、

参加者も加えて 「 ふるさと 」で 終了しました。

約 40 分の ミニコンサートでしたが 芙美子を偲んで 喜んでいただけたかなあ、、

と 思っています。

私自身が とても楽しめた ピアノコンサートでした。

感謝です。

老舗は常に新しく その2 宝飾時計


2015年 1月27日です。 良い天気ですね。

老舗は常に新しく、、を3日前から書いています。

今日は宝飾時計について書きます。

image

ヨシダが取扱っている宝飾時計に ルビアント があります。

長年、取引のある宝飾メーカーさんと一緒に意見を交換しながら出来た時計です。

どうゆうわけか 高級品になるほど、

つけにくい

見にくい

秒針が付いていないので動いているかどうか分からない

といった 不便さが目立ちます。その様な欠点を克服しようと話し合って出来た

のが、このルビアントです。

つけやすい

見やすい

秒針付き    が コンセプトです。

image

欠点は宝飾メーカーなので 大きく宣伝が出来ない事でした。

そこで、お客様の立場に立って、宣伝広告費をメンテナンス代に充てる事に

しました。つまり、宣伝をしない代わりに時計業界では珍しい 10年保証を

することにしたのです。外装は保証対象外ですが、電池代も10年間いらないと

いう事です。

種類も多々ありますが、ヨシダの専務(私の母)も愛用しています。

先週は ダイヤモンド入りの女性ウオッチが売れました。

「 こんな時計を探していたの 」という、嬉しいお言葉まで頂きました。

ホームページにも掲載したせいでしょうか、お問い合わせの電話も時折、

かかって参ります。

ぜひ、宝飾時計に興味あられるお客様には 見て頂きたいルビアントの

シリーズです。

一つづつの詳しい事はスタッフブログをご覧下さい。

 

今日は 今から 門司港レトロに出かけます。

林芙美子のピアノコンサートを開催するからです。

これについては 明日また書きます。

老舗は常に新しく・・時計新ブランド


2015年 1月26日です。雨の月曜日ですね。

昨日から 老舗は 「 ⚪️⚪️らしく、新しく、好感度があるか 」がポイントだと

いう事を書き始めましたが 今日はその 「 新しく」の 新ブランドについての

ご紹介です。

昨年暮れに 時計部ではアイスウオッチを取扱はじめましたが、お陰様で

好調で、昨日もそのコーナーが賑わいました。

image

この成功に気を良くして、昨日、新しいブランドコーナーが出来ました。

image

新ブランドの カンパノラというブランドです。

日本の誇る時計メーカーのシチズンが セレクトショップのみに販売する

男性用の時計ですが、ご覧の通りしゃれたデザインです。

image

一つづつの仔細は 時計部の大嶋君がこれから スタッフブログに掲載して

参りますが、久々に素敵なウオッチに出逢えたなあ、、という思いが

あります。

詳しくはコチラ↓

http://campanola.jp/lineup/index.html

 

これで、宝飾時計はルビアント、高級時計は グランドセイコーとカンパノラという

高額品のラインアップが揃いました。

このカンパノラはシチズンさんも言っておられる様に 「 育てる商品 」として、

丁寧に販売して参りたいと思っています。

お客様から見て 「 好感度があるか」が ポイントになっていきます。

明日は 宝飾時計について書きます。

老舗が続くには、、、


2015年 1月25日です。 今日は良い天気ですね。

よく私に質問される事ですが、

「 どうしたら130年も店が続くのですか? 」

「 長年、続けられる秘訣を教えて下さい 」

と、聞かれます。

下記の写真はヨシダの創業当時の写真です。

image

まだ、前掛けを垂らした店の従業員がいます。明治時代の写真です。

それらの質問に対して 20年ほど前にある女性経営者の方から教えて

頂いた台詞があります。  それは、、、

「 ⚪️⚪️ らしく、 新しく、好きか嫌いか 」の3点が大切という考え方でした。

私なりに 要約して

「  ヨシダらしく  新しく  ( お客様から見て) それが好感度があるか 」

と、捉えて実行に移しています。

つまり、ヨシダらしいとは

信用第一、明るい事、後で責任の取れるものを販売する という事です。

でも、老舗だからイノベーションに疎いという事ではなく、

「 新しく 」を 大切にして 商品構成も、技術も、店つくりも、社内も

絶えず、新しいものへのイノベーションが大切ということ、

そして、その 「ヨシダらしく  」も  「 新しく」も 独りよがりや店よがりでは

なくて、 あくまでもお客様から見て 「 好きか、嫌いか」つまり

「 好感度が あるか 」を 考えていかねばならないということだと思います。

その意味で 来週は 「 新しい商品 」を ブログに書きます。