めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

本のプレゼント。


2021年 7月26日です。週初めの月曜日、素敵な贈物が

届きました。何と出光興産名誉会長の出光昭介様からです。

「正伝 出光佐三」の新刊書です。

出光佐三翁は「海賊と呼ばれた男」の本でも有名ですが、

ヨシダともわずかな繋がりがございます。

その一つが 出光発祥の地、門司港で戦前、出光さんとヨシダの

店が同じ町内、しかも真向かいだったという事です。

出光佐三翁が立ち上げられた門司みなと祭りでも同じ門司商工会議所

の仲間としてヨシダ二代目の祖父、吉田藤吉も共に汗を流した様です

。御子息様の出光興産名誉会長の出光昭介様とも私も何度かお会い

させて頂いた事もございます。

門司の出光美術館にある出光佐三翁のめがねをメンテナンスさせて

頂いた事もございます。

そのご縁で今回、贈られてきたのでしょう。ありがたい事ですね。

さっそく今夜から読む事に致します。

出光昭介様、ありがとうございます。感謝です。

雨中のご挨拶。


2021年 7月5日です。ヨシダでは恒例の朝のご挨拶ですが、

毎月、第一月曜日には隣の

西日本シティ銀行門司駅前支店の皆様も参加なされて、

朝のご挨拶をさせていただいております。

昨年1月からスタートした西日本シティ銀行さんとの合同の

ご挨拶、19回目にして初の雨の日となりましたが、、

傘をさしてのご挨拶となりました。

ヨシダでは毎朝行い、もう50年近くになります。

朝からご挨拶をしますと清々しい気分になります。

毎月第一月曜日には西銀さんも加わって人数も増えるので

清々しさも倍増ですね。感謝です。

43年前の掛時計


2021年 6月22日です。昨夜、遠方に住む高校時代の

友人からメールで写真が送られてきました。

彼が26歳で結婚した折に私が送った掛時計だそうで

裏にヨシダのシールが貼ってあります。

しかも今なお、動いて現役だそうです。

嬉しくて許可を得てブログアップ。

彼は幾たびか家も変わったのにその度にこの時計も

一緒に転居していたのですね。

普通、クロック寿命は7〜10年と云われているのに

43年も大事にしてくれて嬉しい限りです。

N君と奥様に感謝です。

テレビ放映されました。


2021年 6月11日です。昨日夕刻にテレQで放映されました。

8日に取材を受けた時の記念日についてです。

店が終えて録画を見ましたが、上手に編集されていました。

いつも感じる事ですが、テレビはどの様に編集されているのか

放映まで分からないので、それがまた楽しみです。

今回の放映ではスマートウオッチとの比較や、時計ジャーナリスト

の方の未来予測もあって楽しい番組でした。

テレQさん、ありがとうございます😊

今年のヨシダの時の記念日セールは3密を避けて6/22迄です。

 

テレビ取材を受けました。


2021年 6月9日です。

昨日、テレQの取材を受けました。6/10の時の記念日の

インタビューです。

改めて調べてみましたら、時の記念日は1920年に制定されて

いますので今年は101年なんですね。

ヨシダの時の記念日セールは70年前から、

時計の電池交換610円は46年連続で行っているのですね。

今年は三密を避けて6/22迄、行います。

2019年までは30年連続で近所の幼稚園児が見学に

来られていましたが、昨年からはコロナ禍で2年続いて

中止となり、マスコミ取材も無いだろうと思っていましたが、

時の記念日について色々と昨今の情報をお聞きしたいとの

インタビューでした。

「スマホにも時計機能があるのになぜ、時計をするのでしょう?」

の 私の意見は、、、テレビ放映でご覧下さいね。(笑)

時間は6/10(木)の16:24からのニュースのどこかの時間

らしいです。テレビ局はテレQです。

わざわざ博多からの取材、ありがとうございます。