めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

今 出来る事 出来ない事 3 補聴器編


2020年 4月29日です。メンテナンス中心で

10:00〜17:00まで営業しておりますが

今、出来る事、出来ない事をお知らせしますね。

昨日の時計編に続いて、今日は補聴器編です。

時短営業中ですが、予想以上に補聴器関係の

ご来店が多いのにビックリしています。

今 出来る事

★ 補聴器のクリーニング。

( ヨシダ  でお求めの補聴器は100%、

他店様でお求めの補聴器は一部可能です)

★ 補聴器の聞こえの調整

(ヨシダ  でお求めの補聴器は100%、

及び他店様でお求めの一部の品)

★ 補聴器の電池替え、電池販売。

★ 補聴器の販売、お試し体験。

 

今 出来ない事。

★ メンテナンスに関して。

ヨシダ  取扱メーカーのメンテナンスは85%は

その場で出来ますが、15%のメーカー送りの場合、

通常より10日程多く お時間を頂いております。

★ 電池替えに関して。

ヨシダ  取扱以外のメーカー補聴器は

電池替えに関して現在、対応力は90%です。

ご相談下さいませ。

★ 販売に関して。

ヨシダ  取扱以外の指定メーカーの販売。

 

★ 現在、密を避けるために社員の出社も制限しております。

ご来店の前にご予約制度もございますので

ご利用下さい。メール、電話で承ります。

093(391)3333、補聴器係まで。

 

どうぞ、お身体に注意なされてお過ごし下さい。

明日からは めがねのメンテナンスについてブログアップ

致します。

緊急事態宣言を受けて。


2020年 4月9日です。7日の政府の緊急事態宣言を

受けて、弊社では今後の対応について定休日の昨日、話し合いを

いたしました。

4月に入って 売上はともかくも

「めがねのかけ具合が悪くなった」

「 補聴器の調整をして欲しい」

などのメンテナンスのお客様が 増えてきています。

私たちの業種が「不要不急」に 入るのか否か?ですが、

めがねを壊されて修理をせねば 不自由を感じられるお客様が

多いのも事実です。

補聴器のメンテナンスが無いと聞こえにくいお客様も

いらっしゃいます。

同業者の情報をとったり、相談したりして得た結論は

コロナウイルスの状況を見て流動的に対応していかねば

ならないという事でした。

幸いに我が社は路面店で有り、換気もしやすい状態なので

密集、密閉、密接、の3密を避けれる環境にあります。

手洗い、除菌などの最大の留意は当然として、

営業時間も短縮し、社員も交代で休ませながら、

このコロナ過を乗り切ろうと

社内団結して お客様のお役立ちに少しでも寄与できたらと

考えています。営業時間は夕刻、 短くはなりますが、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

どうか、お客様も体調に気をつけられて下さいませ。

そして一日も早くコロナウイルス終息に向けて共に

頑張っていきましょう ٩( ‘ω’ )و

 

補聴器コンサート。


2020年 2月19日です。定休日の水曜日でしたが、

11回目の補聴器コンサートを開催しました。

数年前から 補聴器を掛けられた方と、その付添い様に限って

開催している補聴器コンサート、今回は初めて歌声喫茶風に

して お客様と共に懐かしい叙情歌や昭和歌謡をみんなで

歌いあいました。

私は歌の紹介と司会だけで、準備もお客様へのご招待ハガキ

なども全て社員が段取りしてくれるので、お客様と共に

楽しむことが出来ました。

お客様と共に歌い、補聴器のメンテナンス出来て、

お客様から販売後の補聴器の使われ方も聞けました。

本当に実のある水曜日となりました。

お客様と 素晴らしい社員に感謝です!

 

あったかセールの継続


2020年 2月18日です。

2月14日まで行っていた「冬のあったかセール」が

好評なので、2月末日まで延長する事に致しました。

2万円以上のお買上げの方に ガラポンでもれなく

商品券や あったかグッズが当たるセールです。

西日本も寒くなってきたようです。

少しでもお客様に喜んで頂ければ嬉しいです。

 

補聴器の表彰状を頂きました。


2020年 1月14日です。今日は今年初の補聴器相談会です。

メンテナンスを兼ねて 雨の中ご来店頂いています。

我が社が取り扱ってる補聴器メーカーは数社ありますが、

その中の一つのメーカーさんから表彰状を頂きました。

全国で約5千社の取引先の中からトップ50社に選ばれたそうです。

(販売台数で2019年度でトップ50社に入ったそうです。)

びっくりしましたが、こうして表彰されるのは私を含めて

担当者も嬉しいものですね。

補聴器はまだまだ技術革新が進んでいくと思われますが

研鑽を深めて、お客様にご提案したいと決意しています。