めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

モーニングセミナー


2022年 5月14日です。今朝は倫理法人会の

モーニングセミナーに出かけました。

私の尊敬するファボリの越野社長の講演会があったからです。

越野社長の講演をお聞きするのは数回目ですが、毎回

新たな学びがあります。

今朝は

★ 「ときめき」が大事でそれは「思い」「志」「学び」が

無ければ「ときめき」が少ない。

★  「プッシュ営業」から 「プル営業」に転換した方が良いし、

その「プロ営業」の告知のためにはSNSが有効。

★ 「認識」〜「理解」〜「共感」が社内に志を広める順番

などが、今の私の心に響いた学びでした。

社員や知人など5名で参加させて頂きましたが、みんなそれぞれ

越野社長のお話から学ぶ点が違ったようで、それをフィードバック

しあう講演後の茶話会も大きな学びの場でした。

モーニングセミナー後、会場の神社にお詣りして、

その後の記念写真です。

越野社長、小倉倫理法人会の皆様、ありがとうございました。

素晴らしいお話を聞きました。


2022年 2月26日です。

今朝に倫理法人会のモーニングセミナーで

素晴らしいお話を聴くことが出来ました。

石川県の芝寿司の梶谷相談役のお話です。

「志とは十の心を一つにする」とか

経営者としての矜持、なぜ経営するのかなど

本当に素晴らしいお話でした。

梶谷様のお父様の講演も40年前に聞いていた自分にとって

親子二代にわたるお話をお聞きできたのも

幸せでした。講演後の梶谷様との記念写真です。

朝から良いお話をお聞きしてさあ、今日も感謝で

スタートです。

朝礼 その3。


2021年 12月19日です。朝礼の話の続きです。

今回、講話のおかげで改めて朝礼の歴史を見直しますと、

全員で元気な声で行う唱和の変遷に時代の変化を感じました。

昭和38年から45年までは

「商道を通じての人格の向上」

1つ

一つ 共同奉仕

一つ 反省と前進

でしたが、昭和46に私が大阪の修行から店に戻った頃に

「とにかく行動しよう!」に 変えました。

どんなに学んでもそれが行動に移さねば価値がないとの

思いからでした。

それをまた変えたのは昭和の終わりから平成を迎える時でした。

この頃は昭和元禄と呼ばれバブル景気の頃で何を提案しても

よくお客様は買って下さいました。故に自らが自戒をしなければ

いけないとのこともあり、両親と相談して

一つ 心を込めて

一つ より笑顔で

一つ 選択権はお客様に

を唱和して、無理な販売はしない様に心がけていました。

今回、朝礼の歴史のレジメを作り、昨日倫理法人会で発表した後の

フィードバックで息子や新入社員、会員の方々が

「「選択権はお客様に)の言葉が新鮮で、心に響いた」の声を

頂き、改めて見直して良かったと感じました。

倫理法人会の皆様に(特に今回の卓話を勧めて下さった)原田会長に

感謝ですね。

そして令和になってからは 斎藤一人さんから教えて頂いた

「ついてる! 感謝します!」

を、朝礼だけでなく、終礼でも唱和しています。

明日は唱和の後の朝礼内容について書きますね。

朝礼 その2


2021年 12月18日です。今朝は小倉倫理法人会の

モーニングセミナーで「朝礼」について卓話させて頂きました。

私を含めて2名の発表でしたが、他社様の朝礼も大変、参考に

なりました。

また息子をはじめ社員も2名参加して貰って嬉しいです。

我が社の朝礼は40分ですが、今まで見学させて頂いた最高に

長い朝礼は1時間(建築会社)、短い朝礼は5分間(不動産会社)

でしたが、それぞれに長所があって取り入れさせて頂きました。

倫理法人会も朝のモーニングセミナー前の役員朝礼は、とても

勉強になりますね。

続きはまた明日書きますね。

朝礼について その1


2021年 12月17日です。初めて「朝礼の歴史」のレジメを

作り始めています。

明日、小倉倫理法人会で卓話するテーマが「活力朝礼」なので

そのレジメなのです。

改めて整理してみますと昭和38年からスタートしていますので

もう58年目になるのですね。

当時は中学生でしたが、父母や社員さんの唱和する声は今でも

耳に残っています。

ヨシダの朝礼はユニークなのか今までも各テレビ局や雑誌などでも

取り上げられてきましたが、こうして「朝礼の歴史」を書いて

校正してみますと、唱和の変遷など時代の流れも感じます。

続きはまた明日、書きますね。