めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

109回目のバスハイク

Bookmark this on Google Bookmarks

2014年 9月18日です。 昨日は、荒尾までバスハイクに参りました。

実に32年連続の109回目のバスハイクです。

CIMG9936

今回は珍しく展示会付きのバスハイクでしたが、温泉も食事も、

ジュリーのモノマネショーもお客様共々、楽しみました。

CIMG9932CIMG9934

帰りがけには梨園に寄ってなし狩りも楽しみました。

大きな美味しい梨とは言え、高価なのには少し驚きました。

今年は梨が高い様ですね。

とあれ、楽しい一日をお客様と過ごすことが出来て良い水曜日となりました。

来月も、伊藤伝右衛門邸や黒田官兵衛展を訪ねるバスハイクを行います。

もうバス一台以上の申し込みが来ていて次回は2台で行くことになりそうです。

50年ぶりの再会

Bookmark this on Google Bookmarks

2014年 9月16日です。 良い天気ですね。

一昨日、昨日と祖母の随筆の事を書いていましたが、今日はその延長線上での

物語が合ってびっくりしています。というのは祖母の随筆と共に懐かしい写真も

何枚か出て来たのです。その中の一つに50年前の 時の記念日の店頭写真が

ありました。当時の店員さんが 無料時計点検を店頭で行っている写真でした。

SONY DSC

Oさんというその店員さんの事をふと思い出していましたら、何とそのOさんが

店に来店されたのです。それも父のご仏前にお参りに来られたのです。

余りの偶然に驚いてしまいました。

数年前に一度、来られたそうですが、その時は私は出張中で逢えず、今日の再会は

実に中学生の時以来、50年ぶりの再会でした。さっそく数年前に退社した専務も

来て頂いて昔話に花が咲きました。

SONY DSC

ヨシダにはこうして在籍し、かつ退社された方が何人もおられますが、

こうして80歳にもなられてもお元気で、訪ねて来て下さる事に深く感謝の

思いで一杯の良い連休明けの1日となりました。

ここ1週間ほど、人との絆を感じさせられる日々が続いています。

明日は109回目の(32年連続の)バスハイクの日となりますが、

お客様や社員との絆を深める日にしたいと 改めて思いました。感謝です。

祖母の随筆

Bookmark this on Google Bookmarks

2014年 9月15日です。良い天気ですね。

昨日、ブログに書いた祖母の遺言書に似た随筆の件ですが、吉田家の親族と

電話で話す事が多くなり、再度、文箱を探して見ました。

そうすると新たな発見がありました。 先ずは昭和57年に私が祖母の和歌や俳句を

まとめて本にした 「 折にふれて」が出て参りました。

CIMG9913

CIMG9909

勿論、これは私が編集した訳ですから自分も持っていて、想定範囲の事だったのです

が、驚いたのは病床日誌の中に

「 25歳の清春さんに教えられた事」と記された文章でした。

CIMG9911

CIMG9912

大学時代のクラブの雑誌に 「 愛犬の死」と題して投稿した文章が綺麗に

貼り付けられてありました。そして感想の文章が綴られていました。

まさか祖母がこうして大切なノートにスクラップまでしてくれているとは

露知らず、驚きました。と、同時に祖母にも愛されていたのだなあと

実感し、嬉しく思いました。私には兄弟従兄弟が8人おりますが、

その8人とも随時、いろんな箇所に登場し、祖母の愛情を感じる事が出来た

数日間となりました。感謝です。

祖母の遺言

Bookmark this on Google Bookmarks

2014年 9月14日です。良い天気ですね。

2日前、父の母である祖母の遺言書の様な随筆が出て参りました。

CIMG9905

父の妹、私にとって叔母の家をリフォームする事になり、その片付けをしている

時に祖母の文箱が出てきたそうで、それを従兄弟が持って来てくれたのです。

昭和51年に祖母が80歳の時に、父をはじめとする子供達に向けた文章で、

原稿用紙に 「 吉田家の一端」と記されて有りました。

CIMG9906

達筆な字で書かれてあったので二時間かけてワープロにて書き写して見ました。

CIMG9907

そこには吉田家9代目の曽祖父が 吉田時計店を創業した時の話から、

子供達に対する思い、孫の私達に対する願い、そして一族に対する感謝の

言葉が綴られておりました。

単に読むだけでなく、書き写している訳ですから、祖母の一字一字に対する

思いが汲み取れて思わず涙が出て参りました。

晩年は病弱で入院や退院を繰り返していた祖母でしたが、祖父との結婚話の

話や子に対する思いなど、元気な頃の幸せ感を感じる事が出来て孫としても

嬉しい文章でした。

中でも曽祖父の初代が、日露戦争の時のロシアの捕虜に沢山の着物を

差入れした話や、当時の門司中学に青年育成金を始めたというエピソードなど

初めて知る事が多く驚きました。

今年は吉田家のルーツである家系図を新しくしたり、その明治以降の

家系図2巻目を姉が作ったりと吉田家のルーツに縁が深い年の様です。

福山出張

  • 2014年9月13日
  • テーマ:
Bookmark this on Google Bookmarks

2014年 9月13日です。4日ほどブログ更新出来ませんでした。

というのは、福山に出張していたからです。

同業のとても勢いのある宝石店を10人程の同業の勉強会仲間と見学させて

頂きました。

CIMG0011

お店もさることながら、スタッフの方々の自主性に大いに学ぶところが多々

ありました。夕刻からは鞆の浦のホテルでスタッフの方の劇を見せて

頂きました。 このお店はスタッフの方々で劇団を作られて 幼稚園や養老院

などで、ボランティアで上演をされておられます。

CIMG0024

CIMG0026

その演目の一つを見せて頂いたのですが、とても素人には思えない素晴らしい

劇で、思わず泣いてしまいました。

宿でも有意義な意見交換が出来て、とても実のある出張となりました。

我が社で採り入れられる所は さっそく取り入れたいと思っています。

感謝です。