めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

レトロ伝説 1

Bookmark this on Google Bookmarks

2015年 10月1日です。 朝は凄い豪雨でしたね。

先日、ムーブに元市長の末吉氏を レトロ倶楽部の仲間と共に訪ねました。

CIMG0479

今年は門司港レトロが出来て20年の節目に当たり、その活動団体である

門司港レトロ倶楽部主催の20周年式典にぜひ、

ご出席願いたいとのお願いで参りました。

その折、末吉氏から、レトロが出来た当時のお話を伺い、改めて当時のご苦労が

分かりました。

私もレトロ活動をさせて頂いて20年になります。

その前からの門司の躍進を考える会からの活動から数えますと31年になります。

レトロが出来る前から汗をかかれた 末吉氏始め多くの方がおられ、

今また 汗をかかれている仲間がいて、

これから汗をかいて欲しい若者もいる。

私たちは そのつなぎ手、つまり 「 チェーン オブ ヒストリー 」の 一つの鎖なのです

が、門司港レトロが一地方の観光地としてだけでなく、北九州市を、さらにある

観光情報誌によると福岡県一位という迄の観光地に育ちつつある事を本当に

嬉しく思います。

その原点の 埋立地の白紙撤回や、三井倶楽部移設の時のお話を 末吉氏から

直にお伺いして、改めて これからの世代の人達に伝えていかねば、、との思いを

強く致しました。とても楽しい有意義な末吉氏のお話でした。

安全祈願ー出光美術館

Bookmark this on Google Bookmarks

2015年 9月28日です。良い天気ですね。

今日は午前中、出光美術館の新築工事の安全祈願セレモニーに出席しました。

image

出光美術館は、来年秋に新築オープンするそうですが、その工事の安全祈願に

副市長や工事関係者が揃っての安全祈願で、レトロ倶楽部副会長として

玉串奉納をさせていただきました。

新しい出光美術館のパースや模型も見せて頂きました。

image

創業者の出光佐三氏と、私の祖父は同じ町内で商いをして、知合いでもあったそうで

す。

同じ門司商工会議所の仲間として、出光佐三氏が門司みなと祭りを立ち上げた時に

祖父も協力した様です。

それから数十年を経て、ヨシダの門司港店の土地を出光興産様のご好意で買わせて

頂いたり、出光美術館が福岡から門司に移る時のいきさつを知っていたり、

今回、安全祈願に参列させて頂いたり、あの、有名な出光佐三氏にほんの少しでも

ご縁があることに光栄に思います。

image

 

取れなくなった指輪

Bookmark this on Google Bookmarks

2015年 9月27日です。 良い天気の日曜日ですね。

年に10件ほど、「 指輪が外れなくなって、、、」と、来店なされるお客様が

いらっしゃいます。

我が社では 指輪を切る工具が有りますので、それで切って差し上げます。

image

指に傷がつかない様に配慮された工具です。

image

金・プラチナ製だと5分前後でカット出来ますし、指輪を後でサイズ直しして

使える事も可能です。

シルバーだと、カットのみになります。

一番困るのは チタン製や 合金で出来た指輪です。この工具を使ってもダメで、

その場合は消防署へのご誘導をしています。

大半の方が 金かプラチナ製なのでその場で切って外す事が出来ます。

無料サービスでさせて頂いていますが、お客様のホッとなされるお姿に

こちらの方も嬉しくなります。

警察協議会

Bookmark this on Google Bookmarks

2015年 9月25日です。過ごしやすい季節になりました。

昨日は 福岡県警・門司警察署の 警察協議会が有りました。

副会長として出席させて頂きました。

CIMG0469

そこで嬉しい発表がありました。地元の大里交番が福岡県警の中で最優秀交番と

して表彰されたそうです。県下に250近い交番がある中で 検挙などが評価されての

1位だったそうです。

協議会後の 懇親会でも大いに盛り上がりました。

下の写真は 宮崎署長・野口警察協議会会長との乾杯写真です。

CIMG0470

これからもこうした地元の活動もさらに頑張っていきます。

墓参り

Bookmark this on Google Bookmarks

2015年 9月24日です。 昨日は母と佐賀まで墓参りに行きました。

CIMG0460

吉田家では 昔から年に数回、墓参りに行くのが行事となっています。

佐賀藩の武士から商人に明治18年に初代がなったわけですから、吉田家のお墓は

佐賀にあるのです。かって、門司に移そうかという話も出ましたが、佐賀にその

まま置いておこう、しかし墓参りは年に数回必ず行こうという事になりました。

お墓の掃除をしたりすると、亡き父や祖父、祖母に見守られている様で、

つい、「 お父さん、あのね、、、」と 語りかけてしまう自分がいます。

CIMG0463