めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

ワンちゃん物語 2


2015年 11月8日です。昨日に続いてワンちゃん物語です。

小学校1年生の時に、店に迷い犬が来て飼う事になりました。

雑種犬のその子犬は忠犬ハチ公にちなんで ハチと名付けられ、私の友となりました。

image

店の裏庭で飼われていたハチでしたが、ある日、近所の子供を噛んでしまいました。

祖母が買って来たばかりにのスイカを持って謝りにいきました。

私が食べ損なって残念な思いをしましたが、昭和30年ごろの

当時は 犬が噛んでもスイカ一つで済んだ訳ですから大らかなものですね。

今なら新聞記事ですよね。

何時も一緒だった私とハチでしたが、小学校4年生の時に店先で車にはねられて

ビッコを引く様になりました。犬猫病院に入院して手術をすれば治るという事で

入院して手術となりました。病院まで買ったばかりの車で父が運転して、私が横に

ついていきました。ハチは捨てられるかと思ったのでしょうか、目から涙が出て

悲しそうな表情でした。

「 あ、犬でも泣くんだ、涙をながすんだ」と、びっくりした事を今でも覚えています

 

見舞いに行くとクーン、クーンと泣いて、私たちが病院を出るといつまでも

ワンワンと吠えていました。

2週間ほどして帰って来ました。無事に脚は治って走れる様になりましたが、

車を恐れて店先には出なくなりました。

小学校6年生の時に何時も一人では( 一匹では) 寂しかろうと、同じ犬を飼っていた

友人とお見合いをさせました。その友人宅に行く途中に別の犬と仲良くなって

妊娠しました。ハチはメスだったのですね。

ちょうどお産の頃、ヨシダの社員旅行と重なって2日ほど留守にしました。

帰宅したところ、大きかったハチのお腹は小さくなっていました。

家族もみんな留守の間に流産でもしたのでしょうか、今となっては分かりませんが。

この頃は本当に大らかな時代で 学校の宿題も友人と歩いて20分ほどの 滝の観音と

言われる地元のお寺で宿題のプリントをしていました。

ハチはほとんどついて来ていました。車には敏感でしたが、私が行く時には

ついて来ていました。 今と違って鎖も紐も無くて、そのまま嬉しそうに

付いて来ていました。そんな光景が普通の事だったのです。

そして私は中学生になります。この頃になりますと、鎖付き、紐付きが義務化されて

くるのですが、そこで私は一計を案じます。

その続きは明日、書きますね。

ワンちゃん物語 1


2015年11月8日です。 良いお天気ですね。

今日は門司にて世良公則さんの ペット殺処分反対のトークショーが開かれるそうです

が、同じ殺処分に関して一昨日、ある素敵なエピソードに接する事が有りました。

幼稚園時代からの友人、井上君が訪ねて来ました。お父様の代から鉄工所を経営され

ており、今回、ヨシダのストックケースの事で相談したら、早速駆けつけてくれたの

です。見送りに駐車場に行ったら何と 車の中にワンちゃんがいるではないですか!

image

image

しかも、2匹もいるのです。井上君とワンちゃん二匹と共に門司港店まで参りました。

本当におとなしいワンちゃんですが、小さいほうのワンちゃんは身ごもっていて、

あと10日足らずで出産だそうです。

image

井上君が目を輝かせて話し始めました。

夏の終わりにふとした事で、八女市にてこの犬の殺処分を知ったそうです。

可哀想に思って遠賀郡の自宅から八女市まで、殺処分予定のこの犬に会いに行って

自分で飼う事にしたそうです。

八女市から来たので 名前も ヤメ にしたそうです。

3年前に迷い込んで飼っていた ワン と名付けた犬と共に飼っていたら、犬同士が

夫婦になった様です。

「 すごいと思わないかい、命が亡くなる予定だったヤメが 新しい命を授かったん

だよ。命の継承だよ。」

と、井上君は言葉を続けました。

門司港店でも ヤメ も ワン も 大人気です。

image

そういえば、、と、私は昔、自分が飼っていた犬を思い出していました。

単なるペットの思い出話ではなく、少し長い話になりますので、明日から何回かに

分けて書いてみます。