めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

声は聞こえますが何をいってるか聞き取りづらいです。

Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは、福岡県北九州市門司区にある

めがねのヨシダ

補聴器担当のカサイシです。

今回は感音難聴での聞こえ方の一種、

声の鮮明さについて書かせていただきます。

 

内耳の蝸牛にある有毛細胞

音を感じているのですが、

感音難聴では、その有毛細胞の数が

減っています

 

有毛細胞は音を感じるセンサーなのですが

音の有無だけであればある程度の数

残っていればわかります。

 

しかし、有毛細胞が減少することは

画素数の少ないカメラで撮影するようなもので

鮮明度がなくなり音がはっきりしなくなってしまいます。

 

下のウサギの絵は補聴器で音を

同じくらいの大きさに聞こえるように

調整した時のイメージです。

難聴が高度なほどこのように絵が

わかりにくくなってしまいます。

けれども補聴器がなければ、音自体が聞こえない

ものですからもちろん補聴器は必要なのです。

 

この補聴器の限界を補うことのできるにはです。

 

ピンぼけも絵でも慣れてくるとこの絵を見たとたんに

ウサギであることが次第にわかるようになってきます。

 

補聴器を使いこなすためにはリハビリが

ある程度必要なのです。

 

最新の補聴器体験してみたい方はぜひ

無料体験にご来店お待ちしております。

↓↓こちらから無料視聴の申し込み出来ます↓↓

360°全方位の音が聞こえる「オーティコン・オープン」

↑↑ クリックできます ↑↑

ヨシダは早めの補聴器の装用をおススメ致します。

大好評により

3月も補聴器キャンペーン実施中!!

参考文献:八重洲出版 『2019年版 よくわかる補聴器選び』