めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

立爪の指輪をペンダントにジュエリーリフォーム


立爪の指輪をペンダントにジュエリーリフォームされたお客様より、嬉しいアンケートはがきをいただきました。

掲載OKということですので、そのまま載せさせていただきます。

「今までずっと眠っていた指輪が 毎日首元で光っているのを見ると とても嬉しくなります。

リフォームしていただいて 本当にありがとうございました!!」

F.S様 こちらこそ本当にありがとうございました。

 

このお客様は立爪指輪を2本持ってこられて、

石の大きい0.392ctを一番シンプルなプチネックレスにして、

ビフォー

アフター

 

 

 

0.25ctを揺れるペンダントにされました。

ビフォー

 

 

アフター

 

 

どちらもチェーンが通し替えできるようにしてますので、どちらにも共通して使えるように

プラチナのチェーンも1本お買上げいただきました。

F.S様 本当にありがとうございました。

 

このように、ジュエリーリフォームしてお客様に喜んでいただけるのが、なにより嬉しいです。

ジュエリーリフォームの事でしたら、どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

色石版 ダンシングストーンネックレス


数年前に登場して以来大ヒットしているダンシングストーン

通常はダイヤモンドですが

今回は珍しい色石バージョン

エメラルド

¥108,000(税込)

サファイア

¥118,800(税込)

ピンクトルマリン

¥84,240(税込)

ムーンストーン

¥84,240(税込

ブルートパーズ

¥84,240(税込)

 

 

金質はすべてK18WG。もちろんチェーン付き。

ダイヤも0.01ctですがつかっております。

どの石も爽やかで季節的にもオススメです。

ファッションリングをペンダントにジュエリーリフォーム


早いもので、今年も半年が過ぎ、7月となりました。

ヨシダジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

今回はファッションリングを、デザインを活かしたままで、ペンダントにジュエリーリフォームの実例です。

ビフォー

 

アフター

 

ただ指輪のリング部分をカットして、ペンダントにしただけの様に見えるかもしれませんが、

違います。

上から見たデザインは同じ様に見えますが、指輪のときは、指に合うように丸くカーブがついているのです。

そのままカットしただけですと、三日月のような形で、胸元に着けた時コロコロして、安定が悪いのです。

そこで、女性で一級技能士の資格を持つ従姉妹が、丁寧にカーブをまっすぐに加工リフォームしてくれます。

チェーンもすっきりと後ろを通すようにして、リフォームしたとは思えない、

まるで新しいペンダントのような出来上がりで、お客様にも

「長い間使ってなかった指輪が、これで普段使い出来るようになったわ」と、

喜んでいただき、そのまま着けてお帰りいただけました。

 

ジュエリーリフォームの事でしたら、お気軽に何でもご相談下さい。

お待ちしております。

 

 

 

 

リングをプチペンダントにジュエリーリフォーム


ヨシダジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

前回、前々回、掲載させて頂いたN様、また新しいジュエリーリフォームをして頂きました。

K18のメレダイヤが1石入ったファッションリングです。

ビフォー

 

N様:「石を外してシンプルなプチペンダントにしようかと思うけど、どうかしら?」

私:「勿論それもできますが、石が0.13ctと小さめなので、石だけですと、ちょっと物足りないと思いますよ。

石の周りのデザインごとカットしてはいかがですか? 職人と私にお任せ下さい」

 

ですが、リングをそのまま、ただカットして裏にチェーンを通せるようにしただけですと、重心の関係で

こんな風に前にお辞儀をしたようになってしまうのです。

(メールでやり取りをした写真なので、画像が荒くてすみません)

 

そこで女性で一級技能士の従姉妹が、まずセンターの石を低くして、

バランスを考えながらカーブを整えて、N様持参の太めのチェーンにも通せて、

胸元で綺麗にみえるペンダントに加工して、

出来上がったのがこちらです。

アフター

 

いかがでしょうか?

石の周りのデザインを活かして、可愛いプチペンダントに変身して、

N様にも気に入っていただけました。

 

加工費も本来25,000円位かかるところを、残りのリング地金を引き取ったりして、

18,000円で出来上りました。

 

見積りは無料ですので、ジュエリーリフォームなら何でもお気軽にヨシダにご相談下さい。

 

 

ファッションリングをペンダントにジュエリーリフォーム


ヨシダジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

今回は大振りのファッションリングをペンダントにジュエリーリフォームの実例を書かせていただきます。

持ってこられたのは、K18のメレ石の入った素敵なファッションリングです。

ビフォー

このままでは着けないと言われるので、そのままの形、大きさを活かしてペンダントトップにリフォームの

ご提案をさせていただきました。

バチカン(チェーンを通す金具)もダイヤが2石付いた少しアンティーク風なのを使って、

出来上がったのがこちらです。

アフター

勿論、ただリング部分をカットしただけでなく、裏部分のカーブも胸元で綺麗におさまるように

女性で一級技能士の資格を持つ従姉妹が加工仕上げてくれています。

 

先日取りにみえられて、「あら いい感じになったわね!ボリュームがあるので、チェーンは少し長めを

家で合わせてみて、もし丁度良いのがなければ、またチェーンを買いに来ますね。

こんな風になったら、普段使いもできるし、将来的に娘達にも譲ってあげられるので

思い切ってリフォームして良かったわ」と

喜んでお帰りいただきました。

N様ありがとうございます。

N様はもう一点、ジュエリーリフォームされましたが、それは次回載せさせていただきます。