めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

K18印台リングにダイヤ入れ


いつもヨシダをご愛顧下さっているM様、男性のお客様です。

今、金の地金が高騰して、以前お買上げ頂いた18金印台リングを

「良い時に買ったよね~。今買おうとしたら倍以上するかもね」と

話しをしていました。

ビフォー

その中で、「中央にダイヤを入れたら豪華になるよね」という事になりました。

店にもダイヤは色々ありますが、せっかくなら鑑定書付のグレードの良い 0.255ctダイヤを、星留めと言われる八光彫りの中に留め込みました。

アフター

通常既製品でこの様に埋め込まれたダイヤは、グレードがついていない事が多いのですが、さすがに輝きが違います。

お客様にも、「思い切ってダイヤ入れて良かった!」と、ご満足いただけました。

勿論グレード付きのダイヤ石ですので、使うだけ使っても、将来的にダイヤだけ外して、お子様やお孫様のエンゲージリングや成人祝のプチネックレス等に作り替える事も可能ですので、鑑定書は無くさないで下さいとお話ししました。(もし無くされても、再鑑定で新しい鑑定書を作ることはできますが、それだけで1万円位かかってしまうので)

ジュエリーリフォームの事なら、どんな事でもお気軽にヨシダにご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

石の向きを変え、高さを低くジュエリーリフォーム


今回は、赤い石のデザインリングを高さの低いシンプルな指輪にジュエリーリフォームしたいと

ご来店いただきました。

ビフォー

石の向きを横にして、指輪腕部分は前のデザインを活かしました。

サイドに付いていた6石のメレダイヤ飾りは外して、高さもギリギリまで低く仕上げました。

アフター

取りに来られた時も、「いい感じになったわ!」と、言っていただけましたし、

後日届いたアンケートはがきにも 「眠っていた指輪を生き返らせてくださって ありがとうございます」と嬉しいメッセージをいただきました。

外した6石のメレダイヤも、別にご持参のプラチナリングに留め込んで、無駄なく利用出来ました。

N様、本当にありがとうございました。

 

ジュエリーリフォームの事なら、いつでもお気軽にヨシダにご相談下さい。

 

ご持参のペンダントにお好きな石をセッティング ジュエリーリフォーム


今回はご持参のペンダントに、お好きなエメラルドの石をセッティングしたジュエリーリフォームの実例です。

実はこのペンダント、なんとなく飽きてしまったので、地金として売却しようかと持参された品だったのです。

ビフォー

色々とお話しさせていただいているうちに、「想い出もあるし、何とかなるかしら?」

という事で、お客様の大好きな緑色のエメラルド石を中央デザインの中にセッティングしました。

丁度ぴったりの上が丸いカボッションカットのエメラルド石が店にありました。

アフター

出来上がりを見られて、

「わ~嬉しい!!これで毎日着けて、おしゃれ出来るようになったわ」

と喜んでいただけました。

 

ヨシダではダイヤをはじめ、色々なルース(裸石)もご用意しておりますので、

どうぞ お気軽にご相談下さい。

 

指輪のデザインを活かしてペンダントにジュエリーリフォーム


お母様から貰われたというダイヤのデザインリング。

ビフォー

素敵なデザインですが、指輪はもうしないので、ペンダントにリメイクをご希望です。

せっかくなので、デザインを活かしてペンダントに加工しました。

リング部分をカットして、少しカーブを変えて、バランス良くメレ石の後ろにチェーンを通すようにしました。

アフター

リメイクしたとは思えない、オシャレなペンダントに生まれ変わりました。

元のデザインを活かすことで、ご家族の絆も深まり、加工費も抑えることが出来て

お客様にも喜んでいただけました。

 

ジュエリーリフォームの事でしたら、ヨシダに何でもお気軽にご相談下さい。

お待ち申し上げております。

 

色石指輪をペンダントにジュエリーリフォーム


  • 皆様、どの様にお過ごしでしょうか?

    ヨシダも日々情報を集めつつ、時短営業にしたり、社員を休ませたりしながら、

    メガネが壊れた、補聴器の具合が悪い、注文品の受取り等、お急ぎのお客様にご迷惑をお掛けしない様に対応をさせていただいております。

    さて、今回のせいで自宅にいる時間が増えて、整理をしていたら、色々とお宝が出てきて、

    思い切って、ジュエリーリフォームのご相談にご来店頂いた方の中で、大きめの色石リングのリメイクとして、お薦めなのが、「そのままペンダント」です。

    ビフォー

    指輪の部分をカットして、石を留めている台座はそのまま活かしてペンダントに加工します。

    勿論、リング部分を切れば、それだけでペンダントになる訳ではなく、胸元でキレイに納まるように、裏部分の加工をして、バチカンというチェーンを通す部品を付けます。

    バチカンも重心を考えながら、付ける位置を決めます。

    今回はダイヤが2石入った少しアンティークなバチカンにしました。

    アフター

    どうでしょう?

    バチカン次第で、随分と出来上がりがおしゃれになります。

     

    出来上がりを取りに来られて、「以前、他の店で聞いたら、石だけ別の枠にのせ替えると言われて、想い出の品なので、まったく別物になってしまうのはさみしくて、そのままにしていたけど、これなら元の枠も活かせて、嬉しいです」と喜んでいただけました。

    使わなくなった地金の売却を含め、何なりとヨシダにご相談下さい。

    但し、今後営業がどうなるか解りませんので、ご来店下さる時は、一度ご連絡くださいますように、お願い申し上げます。

    (株)ヨシダ 電話番号 093-391-3333

     

  • before
    after