めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

1本でつけても、重ねづけしても美しいエタニティリング


エタニティとは永遠という意味

その言葉を連想させる通り、エタニティリングとは

ダイヤモンドが途切れることなく並んでいるリングのことを言います。

 

リング全周にダイヤが敷き詰められたデザインをフルエタニティリング

■PTダイヤ

■フルエタニティリング(サイズ直し:不可)

■0.250ct

■¥140,000

 

リングの半周程度に宝石が埋め込まれたデザインをハーフエタニティリングと呼びます。

ハーフエタニティリングはサイズ直しも簡単、お値段が控えめになるのも嬉しいポイントです。

■PTダイヤ

■ハーフエタニティ(サイズ直し:可)

■1.000ct

■¥420,000

■PTダイヤ

■ハーフエタニティ(サイズ直し:可)

■1.000ct

■¥273,000

■K18PGダイヤ一文字

■ハーフエタニティ(サイズ直し:可)

■0.260ct

■¥108,000

 

誰にでも、どんな服装にも合わせやすいうえにシンプルでありながら華やか、

とても存在感があります。

そしてさらにすぐれているのは他のリングと重ね着けすると不思議なくらいどんなリングとも調和してくれます。

 

リッジリングに合わせて素敵な指先を演出

 

大切なマリッジリングに重ね着けするとそれだけで、雰囲気がかわり

一気にゴージャスになりますよ!!

ご両親の指輪をお嬢様の結婚指輪にリメイク


ご家族の絆を感じるジュエリーリフォームをさせていただきました。

お嬢様の結婚が決まり、結婚指輪を決めるのに、ご両親様がご自分たちの結婚指輪を使っていいよ。

と言ってくださったそうです。

ビフォー

その指輪を溶かして、ヨシダオリジナルリングを作らせていただきました。

ハワイアン彫リング 花の両サイドにお二人のイニシャルを彫り込んだ 世界にひとつのリングです。

せっかくなので、女性用は花芯にブルーダイヤを入れました。

アフター

お嬢様のリングはご両親様の地金でお作りしたので、加工費だけですみました。

男性用は同じデザインでプラチナ地金代プラスで別作させていただきました。

 

先日、結婚式、披露宴も済まれて、お会いしましたら、「この指輪、みんなに素敵って褒められたんですよ」

と、とても嬉しそうに話してくれました。

 

仲の良いご両親様の結婚指輪を、お嬢様の結婚指輪に作り替えて、

ご家族の深い絆を繋ぐお手伝いが出来て、感謝です。

 

ジュエリーリフォームの事でしたら、何でもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

あなたの横顔をさりげなく照らすカラーストーンのピアス


今はどんな人にもどんな装いにも違和感なく馴染む

スタッドタイプのピアスのご紹介です。

 

ダイヤモンドやパールのピアスをお持ちの方、次のおすすめは

カラーストーンのピアスです。

 

カラーストーンならではの美しい輝きがあなたの横顔をさりげなく

照らします。

シンプルなデザインだからこそ、毎日つけたくなる!

 

 

■K18ブルートパーズ

■2.600ct

■大きさ9.50mm×7.80mm

■¥28,000

   

■K18WGガーネット

■2.600ct

■大きさ9.50mm×7.80mm

■¥28,000

    

■K18WGペリドット

■2.400ct

■大きさ9.50mm×7.80mm

■¥28,000

ワンランクアップのカジュアルにはパールのピアスがおすすめ!


パールは冠婚葬祭用と思われている方が多い様です。

確かにフォーマルな装いにはパールはとてもよく似合います

でもなおしこんでいてはもったいない!!

うちのお客様にお洋服は綿やデニム足元はスニーカーというカジュアル派

の方がおられます。

そのお客様の耳元にはいつもお気に入りのパールピアス

パールが耳元にあることで大人のカジュアルの品格を漂わせていらっしゃいます。

素敵だなとため息がでます

カジュアルのお洋服にこそあえてパールピアスを試されてみませんか。

■ピアス

■K18ナンヨウパール(イエロー)

■大きさ11.00~12.00mm

■価格/¥80,000

■ピアス

■K14WGパール(ホワイト)

■大きさ5.00mm

■価格/¥16,720

■イヤリング

■K18パール(ホワイト)

■上質

■大きさ7.00mm~7.50mm

■価格/¥34,000

 

叔母様の形見の指輪を、ペンダントにジュエリーリフォーム


昨年亡くなられた叔母様が、「この指輪は優しく色々とお世話をしてくれたあなたにあげたい。」と言われていたという形見の

1カラット以上もある立爪の指輪です。

ビフォー

この方も大好きな叔母様だったので、いつも身に付けておきたいけど、このままではつけないので、

どうしたらよいかご相談にこられました。

立爪は引っかかるので、高さの低い指輪に作り替えるか、ペンダントにするか、色々とお話しをさせていただき、

ペンダントの方が、いつも身に付けられるので、そうすることにしました。

ペンダントも今流行りのダンシングペンダントにして、お好きな金色、K18でお作りする事に決まりました。

アフター

お受けしたのが、12月で加工工場の正月休みを挟むので、通常より日数がかかる為、1月末納品予定でしたが、

先日早めに出来上がってきたので、ご連絡したら、すぐに取りに来られて、出来上がりを見て、とても喜んでいただけました。

 

なんと、翌日が叔母様の法事で「叔母が間に合わせてくれたのだと思います。早速明日の法事の喪服の下に着けて行って、

心の中で叔母にお礼を言います」と言って、お帰りになられました。

きっと叔母様も、ご自分の遺志が伝わって喜んで下さっていることでしょう。

ヨシダも少しでもそのお手伝いが出来て、良かったです。

 

ジュエリーリフォームの事でしたら、何でもお気軽にご相談下さい。

お待ち申し上げております。