めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

聴力低下は視力低下ほど自覚しにくいので注意!

Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは!

補聴器担当の後藤真太郎です!!

 

前回の補聴器ブログで書いてあった「聞こえにくさ」のチェック項目でYES4個以上あった人!

そろそろ自分の耳と真剣に向き合う時期かもしれません。

 

 

一般に年齢による聴力低下を加齢性難聴と呼びます。

実は、聴力低下は中年ごろからはじまり、高音域から徐々に聞こえが悪くなっていきます。

 

ところが、聴力の低下というのは、視力の低下ほど自覚がないのが怖いところです。

それは、少しくらい聞こえにくくなっても、当面の生活にはそれほど不便を感じないからなんです。

 

日本の難聴者のうち補聴器の利用者は10分の1くらいと言われています。(2012年ジャパントラック調べ)

補聴器は医療機器ですが、そうでない集音器や助聴器の利用者を含めても10分の2くらいみたいです。

 

つまり、8割以上の方は聴力の低下を感じずに、あるいは感じていてもそれほど不便を感じずに

生活しているということになります。

以前もお話ししましたが、補聴器はつけるのが早ければ早いほど良いです。

 

冒頭の話に戻りますが、チェック項目にあてはまった方は、健康診断のつもりでまずは聴力の検査からしてみませんか?

ご来店お待ち申し上げております^^

 

 

↓↓こちらから無料視聴の申し込み出来ます↓↓

360°全方位の音が聞こえる「オーティコン・オープン」

↑↑ クリックできます ↑↑

 

 

参考文献:コスモ21 中村雅仁 著 『間違いだらけの補聴器選び』

-----------------------------------------------

補聴器のことなら北九州 門司 めがねのヨシダの後藤まで!

お問い合わせはコチラ!

 

お電話はコチラ

めがね・補聴器 093-391-3333