めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

嬉しいお便り

Bookmark this on Google Bookmarks

早いもので、もうお盆も終わろうとしています。

ジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

先日リフォームをされたお客様より、嬉しいお便りを戴き、イニシャルなら掲載OKとの事で、

そのまま載せさせて頂きます。

「今回、リフォームをとても迷っていましたが、とても丁寧な説明と相談にものって下さり、

思いきってしてみました。

イメージ通りの仕上がりで、とても満足しております。

本当にありがとうございました。」

ビフォー

アフター

N様は長い間、引き出しの中で出番の少なかったエンゲージリングを、

日頃からつけられる今流行りのダンシングペンダントへのジュエリーリフォームです。

 

出来上がりはエンゲージリングを贈られたご主人様とご一緒に取りに来られて、

生まれ変わったダイヤを胸元に、嬉しそうにお帰りになられました。

N様、本当にありがとうございました。

 

ネクタイピンをリングとペンダントにジュエリーリフォーム

Bookmark this on Google Bookmarks

お爺様からいただいたネクタイピンをジュエリーリフォームしたいと

若くて綺麗なお孫様とお母様がご来店されました。

ビフォー

このネクタイピンを持っていらしたお爺様は、永くヨシダのお得意様で、

「ヨシダに持って行って、好きなように作り替えていいよ」と言われて貰われたそうです。

センターのダイヤはヨシダ一番人気の指輪にして、

アフター1

元タイピンの梅花型も残したいとのご希望で、

ダイヤを外した所にお誕生石のブルートパーズを入れてペンダントに加工しました。

アフター2

一つのネクタイピンからリングとペンダント両方出来上がりました。

 

先日、取りに来られて、

「わ~!!すてき!!今からお爺ちゃんの所に行くので、

このまま着けて行って、おじいちゃんに見せてお礼を言います」と、

とても喜んでいただき、私達もお爺様の笑顔が目に浮かび、

こうして数十年前にヨシダで販売させていただいたネクタイピンが、

形を変えてお孫様に受け継いでいくお手伝いが出来て、

本当に幸せな気分にさせて頂きました。

感謝です。

 

思い出のイヤリングをペンダントにジュエリーリフォーム

Bookmark this on Google Bookmarks

小さなピンクオレンジ色の珠が3個付いたイヤリング片方。

ビフォー

お客様曰く「思い出の品なので日頃つけられるように

ジュエリーリフォームしたいのですが、どんな風にできますか?」と

ご相談です。

指輪にするか、ペンダントか、ブローチなど色々とお話しを聞きながら、

ご提案していきます。

店に丁度良いK18ダイヤ入りペンダント枠がありましたので、

その先に取り付けて世界にひとつのペンダントトップの出来上がりです。

アフター

以前、別のお客様で長さ調節で外したパールを2玉つけて

同じようなペンダントを、お作りした事もありそれも良かったのですが、

今回はまた違った意味で可愛いペンダントに生まれ変わりました。

 

出来上がりを見られて、「あ~これなら、いつも着けていられるわ!」と、

とても喜んでいただき、そのまま着けてお帰りになられました。

 

ジュエリーリフォームなら、お気軽になんでもご相談下さい。

 

帯留めを指輪にジュエリーリフォーム

Bookmark this on Google Bookmarks

以前、門司にお住まいで、今は福岡に転居されたお客様ですが、

大切な品のジュエリーリフォームはやはりヨシダでと、わざわざご来店いただきました。

本当にありがとうございます。

 

思い出のある、小振りな帯留めを、最近は着物を着る事が少なくなったので、

このまま指輪にしたいとご希望です。

ビフォー

通常なら楕円を縦にして指輪にする事が多いのですが、

綺麗な鳥の彫りを活かして、そのまま横向きの指輪にしました。

リング部分の幅や出来上がりデザイン等、手紙と電話でやり取りをして、

出来上がったのがこちらです。

アフター

元の地金は使用できませんでしたので、写真には写っていませんが、

石の下の部分も帯留めの時と同じようにな、

透かし模様を入れてプラチナで作製しました。

 

先日、取りにきていただき、「希望以上の出来上がりで嬉しい。

近い内にカラオケの発表会があるので、早速つけていきます。

福岡にも沢山お店はあるけれど、大切な物は知らない店に預けるのは不安で、

やっぱりヨシダさんに頼んで良かった」と嬉しいお言葉をいただきました。

H様、本当にありがとうございました。

 

 

パールイヤリングをジュエリーリフォーム

  • Bookmark this on Google Bookmarks

    前回、3月になりました。と書いていたのに、もう3月後半になりました。

    ジュエリーリフォーム担当の規矩和子(きくかずこ)です。

    今回は片方になってしまった パールイヤリングのジュエリーリフォームを書きます。

    ビフォー

    このご相談 結構多いです。

    ダイヤ入りバチカン(チェーンを通すパーツ)を付けて、ペンダントトップ作り。

    アフター

    ダイヤなしのシンプルバチカンも出来ますが、断然ダイヤ入り

    バチカンの方が素敵に出来上がります。

     

    また、バチカンでなく、パールの穴を貫通させて直接チェーンを

    通して作るプチネックレスも人気です。

    アフター

    全周のパールネックレスがフォーマルなのに対して、こうして出来上がった

    ペンダントやプチネックレスは

    カジュアルに普段使いが出来て良いと喜ばれています。

     

    無理に片方でなくても、先日はご年配の方が、セットのパールイヤリングを

    もう使わないからと、お孫様二人のプチネックレスに作り替えられました。

     

    貴女の引き出しにも、使わなくなったままのパールイヤリングが眠っていませんか?

    どうぞお気軽にヨシダにご相談下さい。

     

     

  • before
    after