めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

立爪指輪をゴージャスリングに作り替え

Bookmark this on Google Bookmarks

3月になりました。

ヨシダジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

 

今回、ご紹介するジュエリーリフォームは、

親戚の方から貰われたという、1カラット以上もある立爪の指輪、

ビフォー

ご来店いただいたのは、とても綺麗で、雰囲気の良い方です。

沢山のデザインの中からお選びいただいたのは、周りもサイドリング部分にもダイヤを使ったゴージャスリングです。

指のサイズは#5と小さいのですが、お選びいただいたデザインがとても良くお似合いです。

周りはゴージャスですが、高さも最小限度に低くなっていますし、可愛さもあり、素敵です。

ただ、お持ちいただいたダイヤが1.1カラットと大きいので、それに合わせて周りのメレダイヤも多くなりますので、

金額もご予算オーバーとなり、ご予算通りの他のダイヤ少なめのデザインと見比べられましたが、

将来的にも、やはりこのデザインでお決めいただきました。

アフター

お預かりしたセンターダイヤが1.135ctで、周りのダイヤも1.26ctある

ゴージャスなリングに生まれ変わりました。

 

先日取りに来られて、「やっぱり、このデザインにして良かった!」と喜んでいただけて、

私も嬉しくなりました。

 

将来、また誰かに譲られる時の事も考えて、今回リフォームと同時に鑑定書もお作りしました。

今、宝石の鑑定書をとる場合、指輪やペンダントから石を外して、石(ルース)の状態でないと出来ません。

そこで、もし指輪のまま鑑定をとるとすると、きれいに石を外して、鑑定後にまたセットする加工費が別にかかってしまうのです。

その点リフォーム時ですと、どちらにしても石は一度は外して新しい枠にするので、その間に鑑定に出せば、少し時間はかかりますが、余分な加工費がかからずに済むからです。

 

貴女も引き出しに眠ったままの宝石はありませんか?

お気軽に、ジュエリーリフォームの事でしたら、何でもご相談下さい。