めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

ブローチからマリッジリングへジュエリーリフォーム

Bookmark this on Google Bookmarks

平成から令和に年号も変わるゴールデンウィーク、皆様どのようにお過ごしでしょうか?

ヨシダジュエリーリフォーム担当、規矩和子(きくかずこ)です。

平成最後のジュエリーリフォームは家族の絆を感じる、素敵な作品になりました。

 

3月末に若いカップルがご来店。

「このブローチからマリッジリングを2本作れますか?」と

出されたのが、このプラチナブローチです。

ビフォー

お話しをお聞きすると、御祖母様から戴いたそうですが、このままでは使用しないので、

この地金を使って、おふたりのマリッジリングを作りたいとのことです。

デザインもこんな感じのリングが良いと、写真コピーをご持参でしたので、

話しはスムーズに進みました。

男性用はシンプルですが、少し幅広でしっかりとしたタイプ。

女性用は細めでミル打ちラインが入ったタイプです。

ご持参の写真ではメレダイヤが1石でしたが、

ブローチに沢山ついていましたので、せっかくならと5石留める事にしました。

おふたりの写真を撮らせてもらい、その写真を見ながら一級技能士の資格を持つ従姉妹が

心を込めて作ってくれます。

地金は勿論他の物と混じらないように、このブローチだけを溶かして、その地金で別作します。

 

そして出来上がったのがこちらです。

アフター

 

ケースも可愛いブライダルケースにお入れしました。

 

取りに来られて、「希望通りです。おばあちゃんありがとうって早速見せにいこうと思います。」と

とても喜んでいただけて、私も幸せな気分になりました。

今回おばあ様のブローチがプラチナをたっぷり使った品でしたので、

それだけでリング2本作ることが出来ましたから、加工費だけですみ、

別作をしても、一般的なリング1本の価格で2本作ることが出来ました。

昭和生まれの御祖母様のブローチが、平成生まれのお孫様のマリッジリングに生まれ変わり、

令和に変わる直前に納品出来て、家族の絆を深めるお手伝いが出来て、本当に嬉しく思います。

M様、おばあさまの想いを繋ぎ、末永くお幸せになられて下さい。

素敵なリフォームをさせて頂き、本当にありがとうございました。