めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

歌手 ちひろさんと

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 3月30日です。昨日は ちひろさんと一緒でした。

昨年、門司港でのコンサートの折に知り合った ちひろさん、

金子みすゞの歌を歌われたり、ご自分で作曲なさったり、

ラジオのDJを10年以上 なされたりの大活躍の女性シンガーです。

全国を回っていらっしゃいますが、お逢いした時から意気投合、

私の拙い歌詞も 作曲して頂き歌にして頂きました。

私が会長をさせて頂いている門司生まれの文豪 林芙美子資料

保存会が 小森江西文化センターにて毎年開催される

林芙美子忌の会の イベント部分を担当しています。

小森江西の住民の方々が主催で38年も続いている地元の行事です。

今年も6月23日(日)に開催されますが 今年のゲストは

ちひろさんです。

マネージャーの長尾さんも加えて 記念碑や生誕地、

小森江西文化センターなどを見て回りました。

「この現地の空気感を感じる事が大切なんです。」と、

ちひろさんは言われました。確かにそうですよね。

6月の会が楽しみです。

一緒に回りながら 何か私も新たな詞が浮かんで

きそうです。

早春の記念碑の周りに咲きはじめた桜の花が優しい

気持ちにさせてくれます。

ちひろさん、長尾さん、感謝です。

 

芙美子忌の会

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 6月25日です。昨夜のワールドカップ、良い試合でした

ね。

その14時間前に 小森江西市民センターで 毎年恒例の芙美子忌の会

が 開催されました。

林芙美子資料保存会の会長として、参加させて頂きました。

もう37年もの間、小森江の方々が林芙美子の生誕地の

顕彰を記念してのイベントです。

私も20年以上、協力させていただいています。

今年は 山口恭子先生と上田さんで 放浪記の一部分を朗読して

頂きました。

こうして街の方々が日本の生んだ偉大な女性作家を偲ぶ会を

続けられておられるって凄いことですよね。

門司みなと祭り 1 総踊り

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 5月26日です。今、栄町のお祭り広場にいます。

今日から明日にかけて 門司みなと祭りが開催されています。

今日は総踊り。

振り付けなされた米澤英子先生と 久しぶりにお逢いしました。

この総踊りで踊られる3曲のうち、2曲が私が作詞させて頂いた

「 門司港レトロ音頭 」と 「芙美子サンバ」です。

20年ほど前に作らせて頂いた曲ですが、米澤先生はじめ

四季のグループのの皆様の見事な振付のおかげで こうして

20年にわたって踊り続けられていて下さって 本当に感謝です。

ひょっとしてもしも私が亡くなったとしても この曲が踊り続け

られるとしたら、本当に作詞冥利に尽きますね。

 

明日はディズニーのパレードがあるので早朝から社員と

門司の躍進を考える会の仲間とともに 警備ボランティアの

予定です。

 

林芙美子の朗読会

Bookmark this on Google Bookmarks

2017年 11月14日です。朝から門司の小森江西小学校に

来ています。

林芙美子資料保存会が 小学校の3年生に 朗読会を開催したのです。

30代の頃から林芙美子の門司生まれの活動を行なってきましたら

いつのまにか3代目の会長に なっていました。

年に数度、こうして活動を仲間とさせていただいています。

今日は 山口先生と上田先生に 林芙美子作の童話  狐物語を

朗読して頂きました。

生徒さん達も 喜んで頂けた様です。

さあ、帰って店頭で本業の仕事です。

 

 

林芙美子忌の集い 2017

Bookmark this on Google Bookmarks

2017年 6月25日です。 門司の小森江西市民センターにいます。

第36回目の 林芙美子忌の集いに参加しています。

林芙美子の門司生まれを立証なされた井上先生が生誕地の小森江の

地に記念碑を建てられ、林芙美子忌の集いが始まりました。

その井上貞國先生が初代、引き継がれた池田弘氏が二代目、そして

その後を継いだ私が三代目の林芙美子資料保存会の会長として

この会に協力させていただいています。

区長始め県会議員、市会議員の皆様もお集まりの中、沢山の

イベントで林芙美子を偲んでいます。

ギターを音楽としての朗読会です。

地元の小学生による羽山太鼓の演奏です。

バナナの叩き売りです。

門司が生んだ偉大な女流作家 林芙美子も天国で喜んで下さって

いるのかも知れませんね。