めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

ウエルカムボード

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 6月15日です。最近、ご来店のご予約を頂く事が

多くなりました。特にめがね部の視力測定のご予約、それも

「認定眼鏡士」指定の新規のお客様からが多いのです。

有難い事ですよね。

そこで、ウエルカムボードを作ってみました。

めがねだけでなく、宝石も補聴器も時計も分かっているのは

書くことにしました。

今日で4日目ですが、毎日書いていくのが楽しみになりつつ

あります。

本当は店の外に出したかったのですが、風の関係もあって

入口のそばに設置しました。

横の椅子は おみ足のご不自由な方にも直ぐに座れたり、

手荷物が置けるように 二カ所の入口に置いていますが

使われる方が多いですね。

お客様目線で 色んな事を積極的に行いたいと思っています。

名古屋からのお客様

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 6月14日です。先日、名古屋からお客様が見えられ

ました。

「何か御ついでがあられたのですか?」と、お聞きしましたら

「 いえいえ、ヨシダ さんのお店を拝見に来たのですよ。

先日、BSのNHKで梅田明日佳君のテレビを見て、これは

門司まで行きたいと思ったのです」

と、笑顔でおっしゃられました。

以前に ヨシダ のHPを通じてジュエリーリフォームの

お問合せがあり、妹の規矩和子が

何回かネットでやりとりしてジュエリーリフォームを

させて頂いたお客様です。その時にお作りさせて頂いた

真珠のペンダントの改作がとても気に入って頂いて、

いつかヨシダ に来てみたいと思われていたそうです。

ちょうど梅田明日佳君と知り合った時計歴史展を

開催していましたので、珍しい時計も見て頂き、

新たにペンダントも時計もお買上げ下さって

嬉しい一日となりました。感謝です。

(お客様のご了解を経て掲載しています)

テレビ、再々放送。

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 5月20日です。梅田明日佳君の放映が大反響だそうです

5/1、令和元年初日に BSのNHKで放映された、小倉区在住の

高校2年生、梅田明日佳君の物語、「僕の自学ノート」は

5/6にも再放送されましたが、反響が大きくて

5/21(火) 17:00〜17:47分まで 再々放送が決まった

そうです。NHKに「良かった」「再々放送を是非に」との意見が

多数寄せられて 再々放送が決まったそうです。

私も2シーンほど 出させて頂いて嬉しく思います。

 

「何でも画一的でなければいけない風潮がある現代、明日佳君の

様に個性を自ら伸ばす事の重要性」

が大切なのかも知れませんね。

前回、前々回を見損なった方は是非 ご覧になれれて下さいね。

BSのNHKで全国放映だそうです。

歴史の伝道者

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 5月8日です。門司港店で長阿彌先生と内山昌子さん

と出会いました。

お二人共に長いお付き合いですが長阿彌先生とは今年初めてです。

長阿彌先生は大正生まれの門司育ち、93歳を超えられた今でも

合唱や和歌を楽しんでおられます。内山さんは門司の歴史を

伝えておられるスーパー観光ボランティアの方です。

私も門司では一番古い歴史ある商店の経営者として、

二人して昭和6年から門司にお住いの長阿彌先生の門司港の、

特に今日は門司港駅のお話を伺う事が出来ました。

いろんな話をお伺いしながら、門司の歴史を後世に伝えて

おられる、長阿彌先生や、内山さんの少しでもお役に立てればと、

私が所蔵している門司の歴史資料をお二人にコピーして

差し上げようと思いました。

門司港店の2日間のセールではこうした素敵なことも

ありました。感謝ですね。

令和の初日

Bookmark this on Google Bookmarks

2019年 5月1日です。令和の初日の5月の初日は水曜日の

休日です。早朝、戸の上神社にお詣りに参りました。

無事、平成の時代が過ごせた事を感謝してお礼を述べ

令和も無事に続くていくことをお祈りして参りました。

今日の夜は 明日佳君のテレビ放映が有ります。

小倉在住の ヨシダのお客様です。

私も少しですが 出る予定です。

5/1 の 20:00からの BS NHKでの全国放送です。

予告編では リリーフランキーさんが明日佳君の事を

紹介していました。

仔細は昨日のブログに書いています。

良ければ 見て下さいね。この様な少年と知合いという事が

嬉しいです。