めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

雑炊の店 「山」

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 6月2日です。昨日、午後から社員と福岡までめがねの

仕入に参りました。オークリーやティファニーなど素敵な新作を

仕入れる事が出来ました。

その帰り道、、3ヶ月ぶりに中洲の「山」というはんごう雑炊の

店に参りました。

このお店は40年以上前の学生時代、初めて中洲に来た時に

先輩に連れて行ってもらった店です。はんごうで雑炊が出ます。

しかもその雑炊の種類が20種類近くあるのです。

「 美味しい!!」と、今日も連れてきた山口君の第一声です。

青春の思い出も 実年時代の思い出も 全て包括しているこの店に

近い将来、子供達と食べる日を夢見ています。

美味しいものを 美味しく食べれる、、幸せを感じます。

 

今日は午後から我が社のテレビの取材です。

明日、また詳しく書きますね。

商品勉強会

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 5月14日です。博多にいます。

ある商社さんの商品勉強会に午前中から学んでいます。

今、ジュエリー業界では大ヒットの ダンシングストーンですが

ヨーロッパでも大きく取り上げられて世界的なヒット商品に

なっている様です。

その他の商品も 個性的な商品や 使いやすい商品が開発されて

います。

業界最先端の商品を揃えると共に 世の流れも学びたいと

思います。

 

ペルー料理

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 3月31日です。一昨日の休日に所用ありて唐津に

参りました。久しぶりの唐津なので何か美味しいものを食べたいと

ネット検索してみましたら、イカと魚のオンパレード。

門司に住んでいる身としましたら海の幸には恵まれていますので

「 唐津 珍しい グルメ」で 検索してみたところ、

「ペルー料理」というのが出てきました。

書き込みも「絶品の肉料理」とありましたし、ペルー料理なるものが

どんなものかが「? 」でしたので行ってみました。

「 ペルー料理 さとのぶカフェ」というところで昨年オープンした

ばかりだそうです。

20〜25席程のお店で わからないままにお店の方のお勧めの

牛肉、豚肉料理、ペルーのサラダ、ペルーのスープなどを

知人と食してみましたが、肉料理をハープやタマネギなどと

共に食べるというペルー料理は肉も柔らかくて

とても美味しい味でした。

嚥下が苦手になりつつある92歳になる母親でも

この肉なら美味しく食べられるだろうなあと

近いうちに連れてきたく思いました。

知らない土地で初めての食文化、それも美味しいものに

出逢えればそれだけでも幸せな気分になりますね。

上の写真は料理を作られたオーナーの方との記念写真です。

料理の写真を写し忘れたのが反省!

ア、そうそう、お値段もリーズナブルでシメのペルーの

炊き込みご飯も美味しかったです。

日帰り大阪にて

Bookmark this on Google Bookmarks

2017年 3月15日です。昨日、日帰りで大阪に行って来ました。

JTBが3月限定で往復1万円位の格安新幹線チケットを発売して

いたのでそれを利用しましたが、ひかり、こだま限定でひかりは

行きが朝一、帰りが最終です。のぞみと比べて一時間以上多く

かかります。改めてのぞみのありがたさを再認識しましたが、

学生さん達にはコスパがあるチケットですね。

某デパートのめがねフェアも見学させて頂きました。

色々と勉強になりました。

空いた時間に初めて大阪天満宮にも行ってみました。

国家の「さざれ石」が飾られて 和歌の文句もありました。

国家の「苔のむすまで」が 漢字では「苔の産すまで」と

いう字という事を初めて知りました。

新たな発見は嬉しいですね。

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 2月15日です。昨日、今日と所用ありて大阪〜神戸と

行って今、帰途の途中です。

退院して半月、初めて新幹線に乗りましたが、杖を持参しました。

杖が無くとも少しビッコですが歩けるのですが、駅などの

人混みが多いところでは、杖で歩く方が周りの人が気遣って

下さいます。列車の乗降りでもエレベーターでも

赤の他人なのに 「 どうぞお先に」と 手で示して下さる方が

ほとんどです。

タクシーの運転手さんも皆、ドアの開け閉めに注意して

下さいます。

日本人の優しい一面を多々 感じる事が多いですね。

日本の素晴らしさを改めて感じた2日間でした。

杖を持つ効能も改めて感じました。