めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

1日だけのピアス市 その5 ★

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 10月20です。 明日、一日限りのピアス展を

開催します。初めての企画です。

準備を着々としています。

色々な売出しを40年以上 行って参りましたが、初めての事って

気持ちがワクワクしますね。

ましてや 「ピアスだけ」という 単品商品だけの企画って

初めてなのと こうして1週間も連続してブログに書くのも

初めてです。

ピアスをなされておられる方々、ご来店、お待ちしていますね。

もちろんプレゼントにと考えておられる方も お待ちしてま〜す。

1日だけのピアス市 その4 ★

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 10月19日です。ピアス市の続きです。

たくさんお買上げにつれて お買得にしよう! と決めて

一個お買上げなら10%引き、

二個お買上げなら20%引き、

三個以上お買上げなら25%引きが決まったのですが

店頭の在庫もそうしようという事になりました。

そこで問題が また一つ起きました。

それはヨシダが お客様サービスの意味合いも込めて販売している

誕生石と 星座石のコーナーです。

この2つは5500円(税込価格)という ギリギリのご提供なので、

割り引いてしまうと大幅な赤字になってしまうのです。

「 これだけは対象外にする?」

という案も出ましたが、、、

「 ええいやっちゃえ、」という英断を下しました。

何故なら 誕生石は守護石、 星座はパワーを授けるという

意味合いがあるからです。

お客様のお守りや パワーに寄与するのなら、赤字でも良いか!

と 考えた訳です。

さほどにお買得なこの企画、ぜひ見に来て下さいね。

問合せ  093 (371) 0106

一日だけのピアス市 その3

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 10月18日です。ピアス市の続きです。

「 一つ問題点があります」と 言われたピアス屋さんは

「 全部、工場から出来上がってきたばかりのピアスなので、

値段表示が出来ないんですよ」

という 言葉でした。

 

普段なら 「 これはいくら?」と、メーカーさんに聞いて

メーカーさんは値段を言われて そこで仕入れるか否かを

決定してプライスに値段を付けるのですが、

3500個もある訳なので、それが時間的に

出来ないという事なのです。

「 ウーン困った。でもこれだけの商品をお客様には

お見せしたいし、、、」

そうだ!  商品を選んで頂いてそこで一つづつピアス屋さんに

値段を聞けば良いのだ!

お客様も それがワクワクなさるかも知れない、、、

と、考えてそうする事にしました。

 

「これだけの数があれば お客様もいくつも欲しくなられるかも

知れないね」

そんな話をしていたら 横で聞いていた妹が

「 たくさん買って貰ったらその分 安くご提供したら?」

と、言ってきました。

( 続きは明日書きますね)

 

下記の写真は キャビンアテンダント用の 5ミリ以下の

スタッドピアスです。キャビンアテンダントさんはこの様な

制約があるそうなので、これも揃えました。

 

問合せ 093  (371) 0106

1日だけのピアス市 その2

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 10月17日です。今日は定休日ですが

ワクワクしながら書いています。

昨日のピアス市の話の続きです。

 

「 どうせピアス市を初めてするのならお客様が喜ぶ事を

しなくてはね」(私)

「 お客様は何が喜ばれますか?」(ピアス屋さん)

「 ウーン、そうだね。先ずは新しいものかな」(私)

「全部 出来たばかりのピッカピカの新品だし、ぶら下がり

タイプなどの新作もたくさんあるしそれはOKですよね」

(ピアス屋さん)

「ピアスって一言で言っても色んなタイプがあるものね」(私)

「これだけのタイプがあるんですよ」と改めて見せらたのが

スタッドタイプ

ジプシータイプ

フープタイプ

などなど6タイプです。

お客様も様々なタイプを好まれますよね。

「実は、問題点が、、」

と ピアス屋さんは言葉を続けました。

( 続きは明日書きますね。)

問合せ  093(371) 0106

門司港デザインハウス。

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 10月13日です。昨日から今日にかけて

門司港のレトロスポット、旧大阪商船ビルの一階にある

門司港デザインハウス内の 我が社のコーナー展示を

大幅に変えました。

門司港デザインハウスは地域の作家の作品などを展示販売して

いるコーナーで 私もレトロ活動に関わっている関係で

出来た当初から クラシックなめがねを展示販売して参りました。

コンスタントに売れておりましたが

「 サングラスのニーズが多いのです」とのデザインハウスの

販売員の方から聞いて マリクレールなどの新古品を7000円

均一で販売しようと思い立ったわけです。

見やすい様に什器も新しいものにしました。

利益などは微々たるものですが、門司港レトロの一助に

なれば嬉しいですね。