めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

立爪ダイヤリングをデザインリングにジュエリーリフォーム

Bookmark this on Google Bookmarks

ジュエリーリフォーム担当の規矩和子です。

吹く風に秋を感じるようになりましたが、お元気でしょうか?

今日は立爪ダイヤリングを、引っかかりのないデザインリングへのジュエリーリフォームのご紹介です。

叔母様からもらったという立爪のリングを、ネットを見たと小倉よりご来店いただきました。

本物だと思うが、保証書や鑑別書はないと言われるので、まずは鑑定書作成をおすすめしました。

石が天然ダイヤモンドか?グレードはどうか?などを決定するためには、石を枠から外して裸石にして、

きちんとした鑑別機関に出さねばなりません。

もし、リフォーム後に、鑑別書を作る場合は、また枠から外して、鑑定書を作り、枠にセットしなおす作業がかかり、その加工費用がかかってしまいます。

ジュエリーリフォームをする時は、どの場合も一度石を外すので、同時に鑑定書を取るのが良いと思います。

この方も別途 実費かかりましたが、鑑定書作成されました。

宝石は代々、譲っていかれる物なので、ちゃんと鑑別をとっておくと、これから先、皆が「本物??」と思わずに受け継いでゆく事ができます。

今回の品も、とてもグレードの良いダイヤモンドでした。

リングデザインは、低く引っかかりは無いけど、サイドにメレダイヤが入った、すっきりとお洒落なデザインになりました。

グレードの良いセンターダイヤが引き立って、とても素敵な出来上がりです。

取りに来られて、「予想以上の出来上がりです」と嬉しいお言葉をいただき、そのまま着けてお帰りになられました。

こうしてブログ等にのせるのも、「自分もHP実例を見てわかりやすかったのでいいですよ」と快諾していただきました。

Sさま、本当にありがとうございました。 感謝です。

 

ちなみに、立爪からデザインリングへのリフォーム代金は、ダイヤの大きさにもよりますが、

シンプルタイプで10万円前後、今回のようにメレダイヤの付いているデザインリングで15万~20万円位が目安となります。 デザイン見本は100種類以上ありますので、どうぞお気軽にご相談にご来店下さい。