めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

ソーラー時計が止まりやすい時期です (再UP!)

Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは!時計部大嶋です!

この時期になると毎年ソーラー時計が止まる、止まったということで時計をヨシダに

お持ちになるお客様が多いので過去に載せたソーラー時計についての記事を再UPさせていただきます。

(ちょうど昨年の2月9日のブログでした。)

良かったらご覧ください。

 

この時期 ソーラーの充電が無くなって止まってしまったのですが…

と言ってソーラー時計を持ってこられるお客様が増えてきています。

 

その中で いつも身に付けているのにおかしい、壊れているのかな?

と思われている方が多いのですが、時計が単純に充電不足で止まっており

店頭で預かり充電すれば元通りになるということがほとんどです。

もちろん時計の経年劣化などで修理が必要な時計もありますが…。

 

ではなぜこの時期になるといつも身に付けているのに止まるのか、

それは…

 

寒い冬の時期は時計を身に付けていても服で時計が隠れてることが多いからです。

答えは単純ですが意外と気付かないのです。

 

ソーラーの時計は文字盤が光に当たらないと充電されません。

夏場は暑いので半袖の服を着ることが多く、それ故に時計が隠れることが無く

身に付けているだけで充電されていくのですが、

冬場は寒く長袖の服、コートなどを着ることが非常に多いので時計が隠れることも多く

身に付けていてもほとんど充電されません。

 

また夏と冬を比べると日照時間が違います。

だから冬場は夏場と同じようにしていても絶対に充電される量が少ないのです。

 

流れとしては 夏にバッテリーを充電

→冬になり充電されずひたすらバッテリーを消耗

→冬が終わりごろのこの時期にバッテリー切れ

このパターンがかなり多いです。

 

何度も言いますが冬は本当に充電する時間が少ないです。

ですので冬の時期はいつもより充電する意識を持っていた方がいいと思います。

しかしこの時期にバッテリーを使い果たして止まってしまっても大丈夫です。

春が近づいてくる時期でもありますのでこれからは充電もしやすくなります。

しっかり充電してあげましょう!

 

昨年の今頃にもソーラーについての記事を載せています。

よかったらご一緒にご覧ください。

ソーラー時計について(2015年3月17日)

 

メーカーのHPでも分かりやすく載っています。

img_02

SEIKO HP ソーラー時計のしくみと充電

https://www.seiko-watch.co.jp/support/function/solar01.php

 

 

 

 

時計のことなら北九州 門司 吉田時計店の大嶋まで!

修理、電池・バンド交換などお気軽にご相談下さい!

時計・宝石部 093-371-0106

☆facebookページ時計のヨシダに「いいね!」をお願いします☆

ヨシダfacebook「時計のヨシダ」