めがね、時計、ジュエリー宝石リフォーム、補聴器のことなら安心と信頼の福岡県北九州市門司のヨシダ

闘創記 32。 家が見える。

Bookmark this on Google Bookmarks

2018年 1月9日です。ケガをして今日でひと月経ちました。

新しいJ病院に転院して4日目です。

個室に入っていますが、廊下など車椅子で自由に動けます。

その廊下の窓からは前のS病院と同様に関門海峡が見えます。

そしてよく見ると我が家も(我が店も) 見えるのです。

真ん中の緑と茶色の建物が我が家(我が店)です。

しかも自分が寝る部屋や仏間の窓まで望めます。

 

私は店の3階に住居を構えていますがそれには訳があります。

「職住一体」にすることにより、私は小さい時から淋しい思いを

した事がありません。商売という職業上、父母は忙しかったのですが

店の人達が良く一緒に遊んでくれました。

店の人達を含む大家族の中で育った訳ですからそれが

とても楽しかったのです。

自分の子どもたちにも その経験の方が良いと思い職住一体を

貫いているのですが、その家が見える病院に入院して こうして

眺めていると早く良くなって戻りたいという思いが一層強く

なります。車椅子から松葉杖に移行しての併用のリハビリが続きます

が、2月上旬の退院を目指して頑張ります。